講師をご希望下さる方へ

杉本メソッドのパステルを一緒に伝えたいと思ってくださった方へ

講師コースへのご関心、ありがとうございます。

私の作風を愛して下さり、お伝えして下さる大切な仲間になって頂けることを、とても嬉しく思います。^^

 

「絵は祈り、そして絵はもうひとつの私たちの言葉」

私が講師として大切にしていることは、対面でしっかりとお相手を感じながら、一緒に居るその場の空気ごと共感共有しながら一緒に描く・・ことです。

なぜなら「この1枚が、その方の人生の中の大切な時間に寄り添うものになるかもしれない」から。

それは、私自身が「描く」ことが自然に暮らしの一部になったことで、自分だけでなく周りの大切な人たち皆が笑顔になってく過程を経験しているからなんです。そんな言葉にできない部分もあなたという一人の人間に乗せて伝えて頂きたいと願っています。

 

「あなたななぜパステルを描いているのですか?」

指を使って描くパステル画は、目も耳も触感も音も湿度も、身体中をアンテナにして自分と会話する作業です。

「描く」は究極のアナログ行為。でも一番のアナログで繊細な気配りを必要とするものは、実は私たちの心の動き方ではないかと感じています。

だから「心」に丁寧に寄り添いたい。
そのためには、目の前で描いている方の呼吸や吐息、視線の動きにまで、愛情をもって寄り添って頂きたいと願うのです。

そんな私の大切に育ててきたメソッドを、全幅の信頼をもって託させていただくあなたへ望むことは3つです。

1・コースに込めた私の想いに共感・共有して下さり、それを伝えていただけること

2・私の考える講師としての必要な知識や技術をしっかりと!習得していただいていること

3・一緒にメソッドを育てる仲間として、知的好奇心や歓びを末永く共有していただけること

そのための、私と直接お会いする時間を誰よりも沢山お持ち頂け、いつでも連絡を取り合えるのが、講師の皆様です。
と、同時に、誰よりも長い時間をかけて詳しく丁寧に私の持つ技術や知識をお伝えさせていただくのも講師の皆様です。

講師の方へは、同じ講師としての私のビジネスの部分も隠すことなくお見せすることもありますし、

そして同時に、

講師業を始めた時に、私自身がスタート時にとても困ったこと・・・配信するにも使えるような写真の1枚も持っていない、これって法的にどうなの?、WEBやマーケティングってどうやって学べばいいの?・・などの、開業される時に必ず必要になることを、早い時期から対応出来るような準備を(講師希望されることが判っていれば)早め早めに取れるようにしています。

まずは第1回目の、あなたの最初の杉本メソッド講座を開くところまで、二人三脚で基礎を積み上げてまいりましょう^^

 

講師の募集人数や条件に関しまして

私は対面講座にこだわっていますから、まずは自分たちの周りの方たちから丁寧に心をこめて繫がりたい・・。

ということで、今現在杉本のキャパ的に^_^; 各講座、各都道府県に2名様までと考えています。

そのごく少人数の方だけへ、杉本のテクニック・知識・講師としての在り方、必要があれば外部講師を招いての内部講座開催や、講師や受講生への顧問弁護士のフォローを用意していたり、開業に必要なフォトショットまで揃えていただけたりと、私自身が開業するときに必要で揃えたものをそのままあなたへもご提供する、とても中身の濃いコースになります。

そのため、すでにオリジナルコンテンツをお持ちの方、これからオリジナルコンテンツをお持ちになられる方のご受講はお断りしています。

オリジナルを持つ時にすでにお持ちであるはずの、私たちそれぞれの理念やルールのブレを防ぐためですのでご理解頂けましたら幸いです。

入り口は違えど同じ頂上を目指す(=まだまだマイナーなハードパステルの魅力を広める)仲間として、同じ立場で互いにパステルを好きになって頂ける方たちを拡げる活動、ともに楽しみながら邁進してまいりましょう!^^

 

特許権・商標権・著作権について

私の講座は、特許権・商標権(・著作権)の関わる講座がございます。

そのため、講師になって頂くには、幾つかの約束事があります。

すべては講座のご受講生様や講師のみなさんをお守りするために。常に顧問弁護士に相談しながら体制を整えています。

 

「教える講座」ご受講から開講までのこと

白の世界講座は、基礎・応用ご受講済みであることが「白の世界講座を教える講座」のご受講いただける条件です。
そして「教えてる講座」ご受講後、協会登録していただき、すぐに講座開設していただけます。

 

曼荼羅花アート(心花絵写し®)講座も、基礎・応用をご受講いただくことが「曼荼羅花アート講座を教える講座」のご受講条件です。
また、「教える講座」後の3ヶ月以内を目安にディプロマ発行(有料:受講費1万円)のための基礎講座を開催していただく必要があります。
(告知等は杉本もご協力させていただきます)その後協会登録して 商標権・特許権の商用利用の契約締結が必要となります。

 

どちらの「教える講座」も、まだ必須講座が未受講の場合は、「教える講座」の該当対面講座直前までに、基礎・応用講座を終えて下されば大丈夫です。

「教える講座」ご受講の方は、お一人からでも特設講座を開講しますので、遠慮無くお問い合わせ下さい。
  ※ただし開場都合で平日メインの特設になります。

どちらの講座も、開講にあたり、協会登録費用や協会からの購入物(白の世界・・テキストや型紙など、曼荼羅花アート・・テキストや特許シートセット・特許ナンバーの入ったもの等)があり、特許権・商標権のパテント料はなるべくご負担のかからないように重量制になります。